« 2012.3.29団体交渉まとめ(3.28申し入れ) | トップページ | 2012.4.18申し入れと4.19返答 »

2012.4.9団体交渉まとめ(4.3申し入れ)

3月29日の団体交渉を受けて、4月3日に再度の団体交渉の申し入れを行い、4月9日に交渉をしました。申し入れ文とまとめを以下に掲載します。まとめは太字で掲載しています。

前回の団体交渉(329日)の結果に基づき、以下の事項につき再度の団体交渉を申し入れます。

1.「国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律」に基づく国家公務員給与の7.8パーセント引き下げに連動した給与の引き下げをおこなわないこと。
【理由①】329日の団体交渉では、運営費交付金減額の判断の根拠となる資料が提示されませんでしたが、いまだ予測でしかない運営費交付金減額に基づき給与の引き下げをおこなうことはあまりにも無謀です。
【理由②】329日の団体交渉では、運営費交付金減額がなかった場合は給与引き下げ分を返却する旨の説明がありましたが、そうした可能性を想定した給与引き下げは給与のあり方として不正常です。322日の人事委員会での決定はそうした内容を含むものとなっていないのも、それが給与のあり方としてあまりにも不正常であるからではないでしょうか。

【大学】運営費交付金減額はほとんど必然であると判断している。
【組合】新聞記事ひとつだけでは、運営費交付金減額の判断根拠としては乏しすぎる。判断根拠にならない。
【大学】示せるものはこれしかない。
【組合】ひとつの新聞記事だけを根拠に給与の引き下げがおこなわれ、しかもそのさいに、運営費交付金減額が予想と違った場合は引き下げ分を返す、というのは、給与のありかたとしてあまりに不正常ではないか。
【大学】不正常だとは考えない。
【組合】そもそも、給与引き下げの理由が新聞記事ひとつだけというのでは交渉にならない。

« 2012.3.29団体交渉まとめ(3.28申し入れ) | トップページ | 2012.4.18申し入れと4.19返答 »

団体交渉申し入れ・報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.4.9団体交渉まとめ(4.3申し入れ):

« 2012.3.29団体交渉まとめ(3.28申し入れ) | トップページ | 2012.4.18申し入れと4.19返答 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ