« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

未払賃金請求訴訟 訴状及び答弁書

7月26日に提訴した未払い賃金請求事件についての高知大学から9月12日付で答弁書が提出されました。
訴状・答弁書とも添付ファイルでご確認ください。

未払い賃金請求訴訟第1回口頭弁論のご報告

2013920

9月20日、高知地方裁判所にて高知大学教職員未払い賃金訴訟の第1回口頭弁論が行われました。当日は、谷脇弁護士から本訴訟のポイントについて、訴状に基づいて説明がありました。その後、高知大学教職員組合の中央執行委員長の原崎原告団長の陳述書を読み上げ、①労使交渉の不十分さ、②大学自治の問題、③教育を受ける権利の保障といった3点を訴えました(代読:中道原告副団長)。

 第1回口頭弁論には、皆様のご協力により原告団・共闘団体あわせて33名が傍聴席を埋め、関心の高さを裁判長に示すことができました。ありがとうございます。ただし、広報が不十分だったため、高知新聞が傍聴に来るのみでした。次回以降、マスコミの関心も向いていることを示せるよう行動しなければならないと痛感しました。

 口頭弁論後には、高知弁護士会館に場所を移して、報告集会を開催しました。冒頭に、全大教中嶋委員長から裁判闘争に対する労いと激励の言葉を頂戴しました。その後、弁護団に加わってくださっている弁護士の方々から発言いただきました。最後に、本訴訟について、質疑応答の時間が設けられ、参加者間で活発な議論を展開しました。

7月26日の提訴後、2名が原告団に加わり、原告団は合計20名になっています。今後も、本訴訟の意義を訴え続けることによって、大学自治や教育を受ける権利の保障に関する議論を進め、組合づくりにつなげたいと考えています。

第2回口頭弁論は11月22日13時半から開催予定となり、法人側から提示されている準備書面に対する原告団からの反論を提示します。傍聴支援など、今後も引き続き支援をよろしくお願いいたします。

2013年度こぶし第3号 9月20日裁判、給与削減・学長発言・メールボックス設置申し入れ、学内教研案内

組合機関紙2013年度こぶし3号です。
内容は、9月20日の第1回裁判の案内、給与削減・学長発言・メールボックス設置についての申し入れ、10月1日開催の昇任問題と改組問題に関する教研集会の案内です。
「2013-3.pdf」をダウンロード

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ