組合紹介・加入案内

労働組合って何のためにあるの?


大学の「国立大学法人化」により私たちは国家公務員ではなくなり、普通の労働者となりました。
私たちの労働条件は、雇用者である大学側と私たちとの交渉で決まります。

労働組合が大学側と対等の立場で交渉をおこなうことは、憲法で保障された権利です(大学側は組合を無視したり脅かしたりできません。憲法違反です)。
なので、組合でしか実現できないこともあります。まだ、ささやかな成果かもしれませんが。

組合についてのQ&A

[Q]組合では大学側との団体交渉のほかにどんな活動をしていますか。
[A]交流会や(労働条件などについての)勉強会などをおこなっています。所属・職種を越えて交流できることが組合の大きな魅力の一つです。組合には「上司」が存在しません。しがらみもありません。誰もが平等です。仕事や大学のことが自由に話せるフランクな交流が可能です。(歓送迎会,各種行楽,8月:ビール会,12月:団結もちつき,教研集会や意見交換会etc.‥‥)。

[Q]組合費はいくらですか。
[A] 組合費は常勤職員の方は基本給額の1.0%、非常勤職員の方は0.5%で、上限が5,000円です。これに所属によって0~0.1%の分会組合費が加わります。


[Q]組合員であることを理由に不当な扱いを受けることはありませんか。

[A] 組合員であることを理由に不当な扱いをすることは、労働基準法で禁止された違法行為ですが、念のために、組合員であることが大学側に絶対に知られないようにすることが可能です。

[Q]組合に入ると役員とかをやらされて忙しくなりませんか。
[A]多忙化のなかで組合も「時短」をこころがけています。もちろん、無理に役員を引き受けさせられたり、ローテーションで役員がまわってくるということもありません。

[Q]組合員になったら何をしなければならないのですか。
[A]しなければならないことは特にありません。ただ、職場が抱える問題やそれについての意見を役員まで知らせてください。必要な対応をただちにおこなうようにします。


[Q]どんな人が役員をしているのですか。

[A]組合の存在をとくに大切に感じている組合員です。中央執行委員は立候補にもとづく選挙によって決まります。

[Q]労働組合というと、わがままな要求をぶつけてばかり、というイメージがありますが。
[A]働く者としての立場から意見を言うのは働く者の権利であるし、また、自分の仕事や職場に責任を負っているがゆえの権利でもあると考えます。

組合加入手続き

組合費は常勤の方は基本給の1.0%、非常勤・再雇用の方は0.5%です。
(所属により分会の組合費が0~0.1%加算されます。)

組合に加入して頂ける方は、下記の加入申込書に記入・押印(あるいは自筆のサイン)の上、学内便か郵送で「高知大学教職員組合」へお送りください。(郵送の場合は「〒780-8072 高知市曙町2-5-1 高知大学教職員組合」までお願いします)

加入申込書(PDF)→「kanyu-moshikomisho.pdf」をダウンロード

もしくは、ご氏名・所属・ご連絡先を、メールunion@mb4.seikyou.ne.jp または FAX (088-844-1489)でお知らせください。

組合室には組合職員が、基本的に月~金の9:00~17:00に勤務しています。

ご質問などがあれば、上記のメールか電話・FAX(088-844-1489)でお問い合わせください(朝倉・物部地区の内線では1159)。

 

 

 

組合の主な行事・メリット

ビール会 (8月)
 夏はやっぱりビール !仲間たちとの会話も弾みます。

団結もちつき(年末)
 新年への決意も新たに本格的に蒸篭で蒸し臼と杵でつきます。

教研集会・意見交換会
 必要に応じて適宜開催しています。懇親会があることも。

健康診断補助
 ご本人と配偶者の方に各5千円まで

法律相談制度
 高知法律事務所で初回30分が無料に。

教職員共済
 組合が窓口になって事務の取次ぎを行っています。

労働金庫
 組合員の方は有利な条件で住宅ローンなどを利用できます

女性部
 女性教職員が働きやすい職場作り。フラワーアレンジメントなどの文化活動も

最近の成果から

・非常勤職員の機械的な3年雇い止めをやめさせ、継続雇用を可能とさせました。

・パートタイム職員が、フルタイム職員なみに、忌引き休暇(有給)、リフレッシュ休暇(有給)、病気休暇(無給)を取得できるようにさせました。

・職場アンケートの結果をもとに附属病院看護師の労働条件を大幅に改善させました。

・岡豊地区に託児所を設置させました。

・センター試験時に朝倉地区に臨時託児所を設置させるようにしました。

・男女共同参画推進委員会(仮称)の設置を確約させました。

・振替休日の取得を、「その月のうち」から「前月・翌月・翌々月」に拡大させました。

・賃金カット分を、就学環境の改善や学内保育所の拡充などに使うようにさせました。

・事務系職員に導入されている人事評価制度について(事務系職員から意見を聞く)アンケートをおこなわせました。

・事務系職員における手当や昇給の現状についてのデータを開示させました。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

組合室地図

最近のトラックバック

無料ブログはココログ