その他のニュース

新型コロナ教職員アンケート回答

9月に実施した新型コロナウイルスに関連する職場の問題についてのアンケート回答を掲載します。

回答の内容は字句の修正や個人を特定できる部分について削除・修正を行っています。

ダウンロード - e382b3e383ade3838ae382a2e383b3e382b1e383bce38388e7b590e69e9c.pdf

 

 

 

 

「高知県立大学雇止め無効訴訟を支援する会」ができました!

高知県立大学でプロジェクト雇用されていた職員が、無期転換される直前で雇止めされ、雇止めの無効を求めて裁判を起こしました。第一審(高知地裁)では勝訴しましたが、大学側が控訴したため引き続き高松高裁で裁判中です。

この裁判の原告(元職員)を支えるため、2020年8月、高知県労連、県立大教職員組合、高知大教職員組合が「高知県立大学雇止め無効訴訟を支援する会」を結成しました。

支援する会のホームページ
https://sites.google.com/view/shienkochi/

支援する会のツイッター

https://twitter.com/kochi_shien

 

裁判所に提出するオンライン書名

http://chng.it/CPx7Ndq8

 

 

 

 

コロナアンケート

 新型コロナウイルスの感染拡大により,例年とは様変わりの1学期がようやく終わろうとしています。当初は全教職員が在宅業務,その後も事務系職員の皆さんは交替での自宅勤務が続いた一方で,対面授業の禁止は今でも継続中,教員が学生と顔を合わせる機会の多くが失われたままとなっています。あなたにとって1学期はどのような5か月でしたか?

 国内の感染状況も収束の見込みどころか第2波の様相を示しており,本学の2学期の授業がどのように実施されるのか,まだ予断を許さない状況が続いています。そのような中組合では,教職員の皆さんが,新型コロナ対策中の職場でこれまで経験した,あるいは現在も抱えている問題や,2学期や来年度に向けて改善すべきと考えること,を調べるアンケートを実施することにしました。

 お寄せ頂いた問題や改善点は組合で取りまとめて,まずは組合のグループウエア掲示板やブログ(http://kuunion.cocolog-nifty.com/)でお知らせします。また,大学当局に改善を要求すべき点については,学長あてに申し入れを行い回答を求めます。
アンケートの回答は9月18日(金)をめどにお送り下さい。

アンケートのURLはこちら→ https://ux.nu/fBnUM

ダウンロード - koronaanketo.pdf

 

 

 

新型コロナ対応について

新型コロナウイルス拡大は留まる気配を見せず、先の見通せない状況が続いています。
大学では危機対策本部が設置され、日々、対応策について発信されています。
他方で、現状の授業開始時期や今年度の研究活動をめぐり、不安の声も断片的に届いています。

そのため組合では、新型コロナをめぐる就業時の懸念や具体的な要望について組合員の声を集め、意見書として大学に届けようと考えています。新型コロナ対応に関するご意見・ご要望を、組合までお寄せください。
各部局で具体的な対応の話し合いがなされていると推察しますが、こぼれ落ちている論点を届ける所存です。

・状勢を鑑み、ご意見や声を集める期間をしばらく延長します。
・組合員にとどまらず、学内の方の声を募集します。
・いただいたご意見は組合ブログに適宜紹介し、大学に伝えることといたします。
  (掲載不可の場合はその旨お申し出ください)

ご意見はunion@mb4.seikyou.ne.jpまでお送りください。

どうぞよろしくお願いします。

大学入学共通テストにおける英語民間試験利用の延期を求める声明

高知大学教職員組合中央執行委員会は下記の通り、2019年10月28日付で「(声明)大学入学共通テストにおける英語民間試験利用の延期を求めます」(PDFファイル)を発表しました。

ダウンロード - eigominnkannsikennseimei.pdf

 

 

 

 

「#大学を壊すな」運営費交付金ネット署名のお願い(1/31まで)

政府は、国立大学の基盤的経費である運営費交付金の約1割にあたる1000億円を短期的な「評価」に基づき配分する方針を示し、2019年1月の通常国会に提案する予定です。具体的な評価基準としては、各大学の教員が発表した論文数や、学外からの寄付金の獲得実績などの基準などが挙げられています。

このような仕組みがつくられれば、各大学は短期的な実績づくりに追われ、中長期的な視点に基づくべき教育・研究が壊される可能性があります。とりわけ財政基盤の小さな地方国立大学は壊滅的な打撃を受け、統合・リストラに追い込まれかねません。

この問題を報じたニュース
・毎日新聞(2018年12月19日)「国立大運営費交付金 1割を「重点支援枠」に 政府19年度予算案方針」
https://mainichi.jp/articles/20181219/k00/00m/040/004000c
・日刊工業新聞(2018年12月26日)「国立大の運営費交付金に衝撃、“評価に基づく傾斜配分”あっという間に10割に!?」
https://newswitch.jp/p/15826

昨年12月、高知大学教職員組合も参加している全大教(全国大学高専教職員組合:国公立大、高専、共同利用機関の労組の全国組織)では、このような政策の即時撤回を求める声明を公表しました。これに賛同して下さる方は、ぜひご署名をお願い致します(どなたでもご署名頂けます)。
また、大学の現場の状況や、不安に思っていること、怒っていることなども、ぜひメッセージとしてご記入下さい。

署名・メッセージは以下のサイトからご記入をお願いします。
http://bit.ly/2CV1V3x

*募集しめきり:2019年1月31日(木)
署名・メッセージは大学教職員に限らず、どなたでもご参加頂けます。
集まった署名とメッセージは国会、政府(財務省や文科省など)、政党、国大協(国立大学協会)などに提出する予定です。また、メッセージは原則としてインターネット上でも公開する予定です(お名前・ご所属はインターネット上では公開しません)。

また、お知り合いや報道関係者の方々に、SNSなどでこのネット賛同署名・メッセージのことを拡散して頂ければ幸いです。

全大教ツイッター上のネット署名告知
https://twitter.com/zendaikyo01/status/1085800122909245440

よろしくお願い申し上げます。

実施主体:全国大学高専教職員組合(略称:全大教)
〒110-0015 東京都台東区東上野6丁目1番7号 MSKビル7階
ウェブサイト https://zendaikyo.or.jp
ツイッター https://twitter.com/zendaikyo01

監事回答

4月24日に高知大学監事あてに臨時監査の要請を送っていましたが、5月22日に回答がありましたので掲載します。

監査要請

中央執行委員会は、4月24日に高知大学監事あて臨時監査要請文を提出しました。要請文を掲載します。


2018年新採用者オリエンテーション

昨日、病院のある岡豊地区と本部のある朝倉地区それぞれで新入教職員のオリエンテーションが開催され、組合も歓迎のあいさつと加入の呼びかけを行いました。岡豊で82名、朝倉で53名の方に資料をお渡ししました。

パワーポイントで「組合」の説明と高知大学で組合の運動により改善できたことなどを紹介しました。
加入の呼びかけとともにアンケートもお願いしました。いただいたご意見は今後の活動に活かしていきます。
組合では働く皆さんの加入をお待ちしています。
ご一緒に働きがいのある職場を作っていきましょう。

2018421_2 2018422

無期転換ルール市民講座のご案内

「無期転換ルール」市民講座
3月10日(土)13:30~
こうち男女共同参画センター「ソーレ」5階視聴覚室

Mukitenkan

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ