未払賃金訴訟

証人尋問報告

裁判が始まって3年半,1215日(木)・21日(水)にヤマ場の証人尋問が行われました。

 原告側の原崎道彦さん(原告団長;中執委員長):主尋問では賃下げの団体交渉の経緯が説明され,運営費交付金減額の見込みの根拠書類もなく,シミュレーションも実施されないまま賃下げが提案・強行されたことが改めて確認されました。

 被告側の梅原陵一・財務課長補佐:主尋問では会計制度の説明(剰余金の現金の裏付けなど),「金がなく賃下げは止むを得なかった」,「通則法の『社会一般の情勢』に従えば正当」,「財政が厳しく不可避なのは自明であったのでシミュレーションは行わなかった」と,数字の裏付けのない従来の主張が展開されました。反対尋問では,附属病院に関する被告の主張(高い流動比率の根拠である/独立採算である)に関する問題点が,他大学との比較や法律的な視点から示されました。また,物件費に流用した法定福利費減少分を12年夏にようやく行ったシミュレーションに算入しておらず大学当局にとって賃下げ圧縮は検討する気さえなかったことが改めて確認されました。裁判官からの質問では,予算の組替えにより目的積立金による人件費補填が可能であることも確認されました。

 原告側の中道一心さん(前中執副委員長:164月に同志社大に転出):主尋問では,多忙な中で人並みに業績を残しても昇任できず,出張費にも事欠き,給与の交渉に大学側の誠実さを欠く,という高知大の現状から,研究者としての展望を求めてやむを得ずという転職の背景が確認されました。

 報告会では全大教,岡山大・山口大教組,高知県労連からの傍聴支援者の皆さんにもご参加頂き,証人尋問の成果や全国の動向の報告に加えて,少なすぎる賃下げ団交(2回)など関する議論が交わされました。今後は1月末の最終準備書面の提出を経て,早ければ217日(金)の口頭弁論で結審となる見込みです。

第17回口頭弁論

1114日(月)1330から高知大学未払賃金請求訴訟第17回口頭弁論が開かれました。全大教の森戸副委員長、岡山大労組、高知県労連からも傍聴支援をいただき、今回の傍聴者は17名でした。

今回は、裁判官の一人が不在であったため、弁論準備手続きという形式で進められました。原告団の中から4名の陳述書が提出され、被告からも財務課長補佐からの陳述書が提出されました。裁判所の示した主張整理案5、原告準備書面12、被告準備書面7で進行していくことを確認した後、証人尋問の日程調整を行いました。原告からは、団体交渉での大学の不誠実な態度を示す為に原崎道彦さんと、減額によって受けた不利益の大きさを示す為に中道一心さんを証人申請することにしました。被告弁護団からは証人申請はしない意向が示されましたが、原告弁護団がそれならばこちらから証人申請すると言うとやっと財務課長補佐を証人として申請すると述べました。

場所を弁護士会館に移して報告会を行い、弁護士から今後の裁判の進行について、全大教森戸副委員長から全国の動向について説明がありました。高知大の裁判はいよいよ大詰めとなり次回は証人尋問です。

1回証人尋問は、1215日(木)9301115に原崎道彦さんと梅原陵一財務課長補佐、第2回証人尋問は1221日(水)11301200に中道一心さんの予定です。進行状況によっては終了時間が延びる可能性もありますが是非とも傍聴支援をよろしくお願いします。

20161114

第16回口頭弁論

97日(水)1340から高知大学未払賃金請求訴訟第16回口頭弁論が開かれました。全大教の長山書記長、香川大学の小森先生、高知県労連からも傍聴支援をいただき、今回の傍聴者は14名でした。

原告からは、被告の主張に対する反論書面と憲法が専門の青木宏治高知大学名誉教授からの意見書を提出しました。これまでの弁論で双方の主張はほぼ出そろいました。次回口頭弁論までに、原告被告双方から陳述書を提出し、人証申請の準備をすることになりました。大学は、当時の財務担当職員の陳述書を提出するだけで人証申請は必要はないと言っていましたが、原告弁護団から反対尋問の可能性があることと、裁判官が確認したいことがあるということで、申請するよう裁判官が促すという一幕がありました。

場所を弁護士会館に移して報告会を行い、弁護士から今後の裁判の進行について、全大教長山書記長から全国の動向について説明がありました。書面の期限は1031日(月)となっていますので原告団としても陳述書の準備を進めるとともに、大学から出される陳述書を分析し、証人尋問へ備えていくことになります。

次回口頭弁論は、1114日(月)1330からです。

これからもご支援をよろしくお願いします。

201697

第15回口頭弁論

6月24日金曜日11時45分より高知地方裁判所にて、第15回口頭弁論が開かれました。全大教より森戸書記次長、岡山大学、香川大学、徳島大学から参加いただき、また、高知県内の労働組合のみなさんのご協力により、傍聴者は14名になりましたことに感謝申し上げます。

原告・被告双方からの書証の提出期限は8月1日となり、原告からは憲法・会計学の専門家からの意見書を8月31日までに提出することにし、次回の第17回口頭弁論は9月7日(水)13時40分から開催さ れることになりました。
口頭弁論後、裁判所内の弁護士控室で、報告集会を開催しました。谷脇弁護士から意見書と陳述書提出の作業を詰めていくこと、証人の準備を進めていくことなどの説明を受けました。
引き続きご支援いただけますようよろしくお願いいたします。
20166241

未払い賃金請求訴訟第9回口頭弁論のご報告

2015年6月19日、高知地裁で第9回口頭弁論が開かれました。主な内容は、原告側準備書面(7)(8)の提出と、次回期日の設定で、約6分で終了しました(過去最速ではないかと思います)。傍聴者は17名でしたが、せっかく来ていただいたのに申し訳ない気もします。  口頭弁論後は弁護士会館に場所を移して、13名で口頭弁論報告集会を行いました。今回の準備書面(7)は今までの判例で示された就業規則の不利益変更の際の厳格な条件を整理し、(8)は不利益変更の必要性がなかったことを改めて主張したものです。  被告の反論である準備書面の期限は8月3日、次回第10回口頭弁論は9月4日の予定です。そろそろ主張が出揃い、証人尋問に入っていきそうな雰囲気です。質疑では、京大の判決の問題点、他大学の裁判の状況、国旗・国家の「要請」問題などが議論されました。  今回は、全大教の長山さんや、高知県労連の方たちが来て下さいました。どうもありがとうございます。そろそろ佳境に入っていきそうです。引き続きご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

20156192

第7回口頭弁論

1272

1月27日火曜日13時10分より高知地方裁判所にて、第7回の口頭弁論が開かれました。 まず、全大教および近隣の全大教加盟大学、高知県内の労働組合のみなさんのご協力により、20名の傍聴をいただいき、心より感 謝申し上げます。

当日は、1月19日に提出した原告準備書面(6)の提出意図について、裁判長より質問があり、被告準備書面の記 載内容に不明瞭な箇所があり、その説明を待たなければ、議論が前に進まないことを確認しました。その結果、わたしたちの求釈 明に対応する被告準備書面が3月27日までに提出されることになり、次回の第8回口頭弁論は4月3日(金)13時10分から開催さ れることになりました。
口頭弁論後、高知弁護士会館に場所を移して、報告集会を開催しました。谷脇弁護士から口頭弁論でのやり取りや、原告準備書面 の内容について紹介があった後、全大教長山書記長から全国の訴訟の進捗状況について報告がありました。また、現在国立大学を 取り巻く環境変化についても情報提供があり、今後の変化も見据えた訴訟の展開も検討しなければならないことを認識するにいた りました。
次回口頭弁論は、新年度のお忙しい時期かと存じますが、引き続きご支援いただけますようよろしくお願いいたします。

「くらしあったか村何でも相談会」での宣伝

12月20日に高知県労連などが行ったグリーンロードでの「くらしあったか村何でも相談会」に短時間ではありましたが参加し、未払賃金請求裁判を闘っている事を報告し、支援をお願いしました。

次回口頭弁論は、高知地方裁判所で1月27日(火)13:30からです。
20141220
今年も残りわずかとなりました。
皆さまどうぞよい年をお迎えください。
引き続きご支援よろしくお願いします。

未払い賃金請求訴訟第6回口頭弁論のご報告

10月31日(金)11:30から高知裁判所において未払い賃金請求訴訟第6回口頭弁論が開かれ、原告団7名を含む32名が傍聴に参加してくださいました。

弁護士会館に場所を移しての報告会には27名に参加いただき、全大教中執からの全国情勢の報告や今後裁判を進めていくうえでの準備作業の確認を行いました。
次回口頭弁論は年が明けての1月27日(火)13:30からです。
引き続きご支援をよろしくお願いします。
20141031

第5回口頭弁論

8月22日に未払賃金請求訴訟の第5回口頭弁論が開かれました。

夏休み中でしたが全大教や中四国の大学組合、県内労組からも傍聴に参加いただきました。
次回は10月31日(金)11:30からとなりましたが、裁判長から被告の大学側に給与削減を決定した経緯について具体的に立証するよう指示がありました。
写真は弁論終了後の報告会の様子です。
20148222

合同街頭宣伝

7月24日に帯屋町グリーンロードで、高知県労連と合同でディーセントワーク人間らしく働くことを訴える街頭宣伝に参加し、未払賃金請求裁判を闘っている事を報告し、支援を呼びかけました。

20147241_2 20147242_4
この合同宣伝は6月に続いて2回目でした。
6月の宣伝行動の様子はこちらです。
2014625_2
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

組合室地図

最近のトラックバック

無料ブログはココログ